1. Top
  2. » 恐怖

【1つ目】人が行動しない、あるいはできない理由

========================================
■人が行動しない(できない)理由とその解決方法
========================================


こんにちは。

本番のスタートです。

まずは、人が行動しない理由、あるいは、
行動できない理由を複数挙げます。

そして、その解決策を示します。

それらを1つずつ理解することで、
今までよりも、はるかに進化できる可能性があります。

では、いきます。

今日は、その1つ目です。

====================
1.理解していない
====================


人はその『行動のやり方』を理解していないと、
それを実行に移すことができません。

当たり前だと思うかもしれません。

しかし、人が行動できない理由の大部分は
ここに原因があるのではと感じています。

なぜなら、これは本能のレベルに原因があるからです。

本能のレベルに原因がある場合、
私達はそれを認識することが難しいです。

男性が、

「あの子カワイイ」

と言う時、なぜ可愛いか説明出来る人は少ないはずです。
「なんで?」と聞いたら、「なんとなく」と言うはずです。

「あの黒髪のツヤが良くて、目も大きくて、
 笑ったときの感じが良くて、クビレもきゅっとしてて、
 身長も俺に合ってて、唇もいい感じだから」

と、即答できる人は多くは無いはずです。

同じように、

「この人怖い」
「いい感じだな、この人」
「なんか、嫌な感じ、この人」

などと人は思うとき、
その理由を明確に説明はできないはずです。

よっぽど、人間について、研究し考えている人は、
説明できるかもしれませんが、多くの人は、
無意識的にその判断を下しているはずです。

本能的に判断を下しているはずです。

このように、『本能』に原因が隠れているとき、
人はそれを認識することが難しいです。

『行動のやり方を理解していないから、
 行動できない(あるいは、していない)』

というのも、その原因は本能にあります。

では、詳しく見ていきます。

-------------------------------------------------
人は『その行動のやり方を理解していない』と、
本能レベルの恐怖から行動に移すことができない
-------------------------------------------------


人はその『行動のやり方』を理解していないと、
それを実行に移すのに、本能レベルの

『恐怖』

を感じます。

この『恐怖』が原因で人はそれを行動に移すのをやめ、
そのままの現状を維持しようとします。

車の運転免許を持っていない状態で、
車を運転しようと思わないのは、

「間違った操作をして、事故って死ぬんじゃないか?」

という恐怖があるからです。

飛行機のハイジャック犯が操縦士をなかなか殺さないのは、
操縦士を殺してしまうと、飛行機が墜落してしまうからです。

ハイジャック犯は飛行機の操縦方法を理解していないので、
自分が操縦したら、自分自身が死んでしまうという、
恐怖を持っているからです。

爆発物のど素人が、

「よし、この爆発物を解体しろ、赤と青の銅線がある。
 そのうち、どちらかがトラップ、どちらかが正解だ。
 正解を切れば俺たちは助かる、トラップを切れば俺たちは
 死んでしまう。よし、切れっ」

と言われても、絶対に切らないのは、
爆発物の構造を理解していないからです。

爆発物に関する知識がゼロだからです。

間違えたら、自分は死んでしまうという『恐怖』があるから、
絶対に銅線は切らないはずです。

このように、

人はその行動のやり方を理解していない
(あるいは、それに関する知識がない)と
本能のレベルで強い恐怖を感じます。

その恐怖からそれを行動に移すことはしません。
自分自身の身を守るために、本能でその選択をします。

人が行動しない理由の1つはここにあります。

その『やり方を理解していない』ことから来る、
『恐怖』がその人をその場所に縛りつけます。

この『恐怖』を消す方法をこれから見ていきます。

------------------------------------------------------------
『行動のやり方』を理解することで、恐怖は消すことができる
------------------------------------------------------------


行動のやり方を理解することで、
それをしようとする時に感じる恐怖を消すことができます。

車の免許を持っていない状態で、車を運転しようとする時
(違法ですが)、感じる恐怖は教習所で車の運転を練習して、
免許をとって、車の運転方法を体で理解することで解消できます。

飛行機のハイジャック犯が操縦士を殺したい場合は、
(完全なる違法ですが、違法どころでは無いですが)

飛行機の操縦方法を徹底的に勉強して、身につけることです。

フライトシュミレーターなどがあればそれ使用して、
何万時間の操縦経験を積むことです。

飛行機を実際に飛ばしてみて、経験を積むことです。

そうすることで、安心して、操縦士を抹殺することができます。
(例えが悪いですね 笑)

爆発物の解体現場に突然呼ばれても躊躇なく、
爆発物を解体するには、爆発物に関する知識を徹底的に
吸収することです。

起爆装置にはどんな種類があるか、爆薬にもどんな種類があるか、
今までの爆発物のトラップにはどんな歴史があるか、
解体方法は。。etc..

とにかく、ありとあらゆる知識を吸収して、
今、これから解体しようとしている、爆発物を「解体できる」
という確信を持つことです。

解体方法を理解することです。

そうすることで恐怖は消すことができます。

「この爆発物を解体しろ。赤と青のどちらかの
 線を切って解体しろ、正解を切れば、俺たちは助かり、
 トラップを切れば、俺たちは死ぬ」

と言われたとしても、

「OK ブラザー。
 この爆発物は何タイプで、爆薬は〇〇。起爆装置は
 このタイプだから、犯人の今までの爆発物の設計から見て、
 98%の確率で、赤がトラップだろう。それを確かめる方法も
 知っている。ほらココを見ろ。赤がトラップだということを
 示している。

 つまり、俺たちがこの爆発物の解体に成功するには、
 青を切ればいいんだ。
 
 これが終わったら、今日もマギーの所で飲もう。
 お前のおごりだぞ。昨日は俺がおごったんだからな」

などと言って、突然、白人のイカツイ男に変身して、
鼻歌交じりで線を切ることができると思います。

そこには恐怖は限りなく無いはずです。

。。。

このように、

行動のやり方を理解していない状態から来る恐怖は、
それを徹底的に理解することで消すことができます。

行動のやり方を理解することで、恐怖は消すことができます。

恐怖が消えると、安心して行動に移すことができます。

-----------
まとめ
-----------


まとめると、行動のやり方を理解することで、
それに対する恐怖を消すことができ、
恐怖を消すことができると、安心して行動できる、
ということです。

順番で表すと、

1.行動のやり方を徹底的に理解する
2.行動することに対する『恐怖』が消える
3.安心して、行動できる


このようになります。

『行動のやり方を徹底的に理解する』

これに集中することで、問題は解決できます。

やり方を理解していなことからくる恐怖は
これだけで消し去ることができます。

そして、安心して行動に移すことができます。

-------------------
体感エクササイズ
-------------------


『行動のやり方を理解して、
 安心して行動に移せる感覚』


を体感できるエクササイズを用意しました。

体感は重要です。

妄想の中のキスと、
実際のキスの気持ち良さは違います。

雲泥の差があります。

体感することが重要です。

実際にキスをすることが重要です。

エクササイズをすることで
体感することができます。

体感することで、

行動のやり方を理解し、恐怖を消し去り、
行動に移すことができる、

という知識を『本当に自分のモノ』とすることができます。

体感が人生を変えます。
経験が人生を変えます。
記憶が人生を作ります。

エクササイズがその始まりです。

■ステップ1:しようとしていたこと、したいことを書きだす

今まで、

・漠然としようとしていたこと
・しなければならないけど、後回しにしていたこと
・漠然としたいと思っていたこと

などを紙に書きだしてみてください。

個人的にはA4以上の大きさの紙がいいと思いますが、
なんでもいいので、紙に書きだしてみてください。

自由に、何個でも書きだしてみてください。

■ステップ2:やり方を理解していないモノを見つける

紙に書き出したら、
その中で

『そのやり方を正確には理解していなかったモノ』

を見つけて見てください。

恐らくあるはずです。

私の場合は、

・会社の立ち上げ方
・e-taxのやり方
・メルマガの発行方法

などが、そのやり方を正確に理解していませんでした。

そして、ジワーッとした感じの恐怖を感じていました。
それらを実行することに。

しかし、それらを詳しく理解することで、
その恐怖は消すことができました。

同じように、
今書きだした中に、

『本当はあまり理解していないモノ』

が、恐らくあるはずです。

それを見つけてみてください。

参考までに、私の経験は以下です。

「俺は会社を作るぜっ」となんとなく漠然と思っていたんですが、
先日その方法を詳しく調べてみました。

そしたら、俄然やる気がでて、こうすれば、会社を立ち上げられる
というのが分かってきました。

会社を立ち上げた場合の費用や、
年間にかかる費用などもわかりました。

恐怖もゼロではありませんが、限りなくありません。

e-tax(インターネットでの確定申告)も同じような感じで、
恐怖は消すことができました。

私は今現在メルマガを発行していますが、
一番最初のメルマガの発行を申請するときは、
メチャクチャ怖かったです。

あまり、わかっていない状態でメルマガの発行申請を
したので、死ぬわけでもないのに、「死ぬんじゃないか?」
というような恐怖を感じていました。

今では、新しいメルマガでも気軽に発行することができます。
それは、『理解できている』からです。

そのような感覚を感じるためのエクササイズです。

■ステップ3:それを徹底的に調べ、理解してみる

それが見つかったら、それを徹底的に調べて、
理解しようとしてみてください。

会社の設立方法や、e-taxは不確定要素がほとんどないので、
調べるだけで、恐怖はほぼゼロまで持っていくことができました。

同じように、それを調べて、勉強して、理解するだけで、
恐怖はかなり消すことができると思います。

・パスポートの取得方法
・出版する方法
・留学の仕方
・etc..

など何かあると思います。

それらを本やネット、人に聞くなどして、
徹底的に調べて『ただ理解』してみてください。

おそらく多くの恐怖は消えるはずです。

そして、今までにない

「あっ できる」

という感覚を持つことができるはずです。

是非、やってみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加