1. Top
  2. » 過去記事
  3. » 脳を鍛えて朝スッキリ目覚める方法

脳を鍛えて朝スッキリ目覚める方法

スポンサーリンク
株ドカンバナー こんにちは。

大雨の中、いかがお過ごしですか?
外出の際には十分気をつけてくださいね。

今日は、『脳を鍛えて朝スッキリ目覚める方法』です。

これは、私自身が30日以上、実践を重ねて、
体感したことです。

あることを毎日数分間、継続的に行うことで、
確実に目覚めがスッキリします。

「あれ、目覚ましが鳴る前に起きちゃったよ」

という朝が何度もありました。私は。

また、体内時計が正確になるのか、
目覚ましが鳴る1分前などに目覚めるように
なってきました。

------------------------------------------
毎朝、あることを数分間行うだけでです。
------------------------------------------

では本題です。

=====================================
脳を鍛えて朝スッキリ目覚める方法
=====================================

まず、人間の1日の生活リズムを見てみます。

1.起きる → 活動
2.寝る → 休息

簡単に分けるとこのようになりますよね。

実は脳の中では簡単に言うと、この2つを担当している
脳内物質があります。

1.『活動』を担当している物質
2.『休息』を担当している物質

これら2つの物質が活躍することで、
人間は正常に起きて、活動して、
休息することが出来ます。

しかし、現代の人間は不規則な生活や
食生活の乱れから、これらの物質が正常に
働けなくなっていることが多いです。

そのため、

・朝起きられない
・寝つきが悪い
・切れやすい
・食欲の暴走
・落ち込みやすい
・元気が無い
・集中力が無い

このようなことが起こります。

私達は、ついつい、自分が起きられないことや、
寝つきが悪いこと、落ち込みやすいこと、元気が
無いことなどを自分自身のせいにしてしまいがちです。

しかし、

-----------------------------------------
それらの根本的な原因が、実は先ほど挙げた、
2つの脳内物質の活躍不足
-----------------------------------------

にある可能性があります。

これは、毎朝数分あることを行うことで、
朝スッキリ起きられるだけでなく、他の悩みも
改善する可能性があるということです。

・朝スッキリ目覚められる
・寝つきが良くなる
・集中力がでる
・若返る
・明るい性格になる

このような効果が期待できます。
では、まずは

----------------------------
『休息』を担当する脳内物質
----------------------------

を見ていきます。

この物質の名前は『メラトニン』と言います。
結構よく聞く名前なので、知っているかもしれませんね。

このメラトニンが休息(睡眠)を担当しています。

メラトニンが上手く働くことで、私達は、

・疲れがとれる
・疲労物質を体外に出してくれる
・ぐっすり眠れる

などの効果を得ることができます。

メラトニンは私達が寝ている間に体の隅々までを
綺麗に掃除してくれる『スーパーお掃除マン』と言えます。

つまり、ぐっすり寝て、疲れが完全にとれる、
睡眠を得るためには、メラトニンを大量に
ゲットする必要があります。

言い換えると、

-------------------------------------------
メラトニン大量ゲット → ぐっすり快適睡眠
-------------------------------------------

となります。

では、メラトニンを大量にゲットするためには、
何をすればいいのか?

になりますが、ここで、最初に挙げた

『活動を担当する脳内物質』

の出番です。

活動を担当する脳内物質の名前を『セロトニン』と
言いますが、実は、

---------------------------------------
メラトニンはセロトニンから作られます。
---------------------------------------

メラトニンはセロトニンを原料として、
作られます。

・セロトニン → メラトニン

ということです。
つまり、

------------------------------------------------
メラトニンを大量にゲットするためには、
その原材料である『セロトニン』を大量に
ゲットすれば良い。
------------------------------------------------

ということになります。

ちょっとここでまとめると、

1.セロトニン大量ゲット
2.セロトニンからメラトニンが作られる
3.メラトニンのおかげでぐっすり快適睡眠

という流れになります。

ぐっすり快適に睡眠するためには、
セロトニンが最重要ということです。

実はこのセロトニンは活動の範囲が広く、
様々な仕事をしています。

最初に挙げた、

・朝スッキリ目覚められる
・寝つきが良くなる
・集中力がでる
・若返る
・明るい性格になる

これらの効果はセロトニンによるものです。

セロトニンを大量に稼ぐことで、
これらの効果を得ることができます。

では、

----------------------------------------------
セロトニンを稼ぐためには何をすれば良いのか?
----------------------------------------------

ですが、ポイントは3つあります。

1.リズム運動
2.日光を浴びる
3.セロトニンの原料を食べる

この3つになります。

-----------------
1.リズム運動
-----------------

これはリズミカルな運動なら、
何でも良いです。

・ダンス
・リズミカルな呼吸
・水泳
・太鼓
・etc..

とにかく体(筋肉)をリズミカルに動かすことで、
セロトニンが大量にゲットできます。

コレは脳内のセロトニンを分泌する中枢が
呼吸や運動を担当する場所の近くに存在している
からだと考えられています。

脳内マップで言えば、

・呼吸中枢
・運動中枢
・セロトニン分泌中枢

これらが近所に住んでいる、というイメージです。

だから、呼吸や運動をすることで、
セロトニンを分泌する中枢が刺激され、
セロトニンが大量にゲットできるということです。

-------------------
2.日光を浴びる
-------------------

セロトニンは日光を浴びることで大量に
分泌されます。

セロトニンは『覚醒』を担当していますから、

・人間の覚醒時間=太陽が出ている時間

と考えると、日光は物凄い強力なモノになります。

また日光を浴びることで、セロトニンが実際に増えることが、
実験でも確認されています。

-------------------------------
3.セロトニンの原料を食べる
-------------------------------

セロトニンの原材料はトリプトファンと言いますが、
このトリプトファンをあまり食べないでいると、
セロトニンが作られません。

しかし、「トリプトファンだけを食べれば良い」、
というモノではないので、私が調べたところによると、

『普通の日本食』

を食べることで、セロトニンを作るだけの量は
十分取ることができるそうです。

ただ、

・ファーストフードだけ
・スナック菓子だけ

のような食生活をしている場合は、
食生活を大幅に改善して、日本食を食べなければ、
セロトニンを作るだけの量は取ることはできないと思います。

ここまでをまとめると、

■1.メラトニン大量ゲットでぐっすり快眠

■2.メラトニンはセロトニンから作られる

■3.セロトニン大量ゲットで良いことがたくさん起こる

・朝スッキリ目覚められる
・寝つきが良くなる
・集中力がでる
・若返る
・明るい性格になる

■4.セロトニンを大量ゲットするポイント

1.リズム運動
2.日光を浴びる
3.セロトニンの原料を食べる

このようになります。

では、ここからわたしが実践した、
毎朝数分間の『あること』をお話します。

朝起きてから、具体的に何をどのようにして、
どれくらいやるのか?

をステップ形式でお話します。

-----------------------------
セロトニンを稼ぐ毎朝の習慣
-----------------------------

■ステップ1:カーテン&窓全開

朝起きたら、まず、

・カーテン
・窓(できれば)

を全開にします。

これは太陽の光を部屋に入れて、
その光を全身で浴びることで、セロトニンを
大量にゲットするためです。

■ステップ2:肌をできるだけ露出する

カーテンと窓を全開にしたら、肌を出来るだけ露出します。

・目
・皮膚

の両方で太陽光を全身で浴びます。

■ステップ3:一番明るい方角を向いて座る

部屋の中で一番明るい方角を向いて座ります。

窓の方角になると思いますが、
窓が2つある場合は、太陽が昇っている方角で
明るい方角を向いて座ります。

この時の座り方は、

・あぐら
・結跏趺坐(けっかふざ:座禅をする時の座り方)
・半跏趺坐(はんかふざ:結跏趺坐の右足をモモに挙げない版)

などがありますが、最初は『あぐら』で良いと思います。

将来的には、クッションなどを使って、『結跏趺坐』で
行うのが効果的と考えています。
(私は最近、結跏趺坐で座っています。)

結跏趺坐や半跏趺坐について、詳しく知りたい場合は、
以下のページを参考にしてみてください。

坐禅の作法
http://www.sotozen-net.or.jp/zazen/sahou.htm

■ステップ4:目をつぶる

明るい方角を向いて座ったら、
目をつぶります。

■ステップ5:ゆっくり呼吸

明るい方角を向いて、目をつぶって、座ったら、
ゆっくり呼吸を行います。

(『リズム運動=ゆっくり呼吸』ということです。)

この時の注意点は

1.『吐くこと』に意識を集中する
2.ゆっくり吐く
3.『吸う』よりも『吐く』時間を長くする

この3つです。

目をつぶりながら、この呼吸法をできれば5分以上行います。

そして、上手くいくと、まぶたの裏に
『青白い光のモヤ』が見えてくるはずです。

そのモヤを眺めながら、ゆっくり呼吸を続けていくと、
だんだんそのモヤが消えてきます。

そしたら、目を開けてください。
かなりスッキリしているはずです。

『まさに覚醒している』

という感覚を実感できるはずです。

セロトニンの研究をしている有田秀穂さんによると、
リズム運動をしているときのセロトニンの分泌には
『波』があり、最初の分泌が起こるのが、

『だいたい5分くらい』

なのだそうです。
私自身の経験からいっても、この数字は正しいと思います。

ですが、時間を計って、それを気にしながらやってしまったら、
呼吸に集中できなくなってしまうので、最初は時間は気にせず、

「ちょっとやってみる」

ぐらいの感覚で良いと思います。

。。。

私は以上のステップを約30日間、毎朝継続しました。
この習慣はこれからも続けていくつもりです。

有田秀穂さんによると、
このようなトレーニングを継続することで、

--------------------------------------
実際に脳細胞が変化して、
セロトニンを分泌しやすい脳になる
--------------------------------------

そうです。

つまり、

・朝スッキリ目覚められる
・寝つきが良くなる
・集中力がでる
・若返る
・明るい性格になる

このような効果が継続的に得られる、
ということです。

これは極端に言うと、

『人生が変わる』

ぐらいのインパクトがあることだと
私は思います。

地味な作業ですが、継続して行うことで、
確実に脳が鍛えられ、人生が好転していく。
素晴らしい毎日を生きられるようになる。

ということだと私は思います。

継続してトレーニングをする注意点ですが、

・5分以上やる(リズム運動)
・3ヶ月以上やる

ということです。

5分以上やることで、セロトニンが分泌されます。
ですから、最低でも5分以上はやる必要があります。

ですが、気負い過ぎても意味が無いので、
1分でも良いからトレーニングして、それを
『習慣にする』ということ目標にすると良いと思います。

また、脳細胞の変化は一瞬では起こらず、
少しずつ変化していきます。

そして、その期間が『3ヶ月』なのだそうです。
ですから、最低でも3ヶ月は継続して行うことが必要です。

これも習慣にしてしまえば、3ヶ月は楽勝ですから、
とにかく『習慣にする』ということを目標に、
「気楽にやる」というスタンスで行うと良いと思います。

。。。

長くなりましたが、
今日のお話は以上になります。

ありがとうございました。 スポンサーリンク
株ドカンバナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同じカテゴリの記事
関連記事
最新記事
人気ページランキング
人気ページランキング(はてな)

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

スポンサーリンク
株ドカンバナー